トップページ > 社会実験概要
なんば駅周辺の歩行者空間化の実現に向けて、前回、2016年に実施した社会実験に引き続き、なんば駅周辺の交通荷捌きや運用の安全性、歩行者空間の利活用を検証するための社会実験を行います。

実施時期

実施時期: 2021年11月23日(火・祝)午前9時~12月2日(木)午後6時
※社会実験の準備作業に伴う交通規制は、11月23日(火・祝)午前0時~12月3日(金)午前6時
※滞留空間創出は、11月23日(火・祝)~12月1日(水)
イラスト

実施場所

実施場所

※社会実験中の歩行者空間化した道路空間の活用についての詳細は、後日、発表します。

交通社会実験

1.検証項目

① 荷捌き車両運用の検証
  • 社会実験中に設ける停車帯や通行証発行により、なんさん南北通りへの荷捌き車両の進入を管理し運用方法の検証を行います。
② 歩行者の安全性の検証
  • 歩行者天国区間の歩行者の安全性を検証します。
③ 自転車利用状況の検証
  • 駅前広場からなんさん南北通り区間における押しチャリの徹底など自転車の適切な通行および駐輪場の利用状況を検証します。

2.交通規制の内容

社会実験期間中は、下記の交通規制を行います。

交通規制の内容

滞留空間創出

1.検証項目

① 設計プランの検証
  • 動線、滞留空間、利活⽤区域、広告の設置位置や喫煙所の規模を検証し、設計プランへ反映を⾏う。
② 事業性の検証
  • 観光案内事業等の事業性や実施位置を検証し事業計画へ反映を⾏う。
③ 運営計画の検証
  • 可動式の机・椅⼦の運⽤を検証し運営計画へ反映を⾏う。

2.滞留空間実施内容

エリアに回遊を⽣み出すことを⽬的に、将来の⽇常的な使われ⽅を意識した滞留空間を創出します。

○休憩スペース

休憩や待ち合わせに利⽤できる机・椅⼦の配置を⾏います。
【時間】11⽉23⽇(⽕・祝)〜12⽉1⽇(⽔) 8時~20時
    ※23⽇のみ11時開始です。

○観光案内

① 観光案内(実施事業者:Huber.)
広場内に移動式の観光案内が出現! なんばエリアのおススメをお伝えします。
【時間】11時〜18時※23⽇(⽕・祝)〜28⽇(⽇)のみ実施

② tkts(実施事業者:ロングランプランニング株式会社)
なんばエリア周辺の劇場等のチケットの当⽇&翌⽇分のチケットが割引販売(⼀部定価)で販売します。
【時間】11時〜18時

PAGE TOP