次なる100年のなんば駅前が国際集客都市・大阪のおもてなし玄関口にふさわしい姿になることを目指して。

なんば駅前を、待ち合わせや憩いの空間、観光案内など、世界中の人々を惹きつける観光拠点にするべく、人中心の空間に再編する取り組みを検討しています。その一環として、駅前の道路を一方通行化して、仮設の広場を生み出して、実験的に活用しました。皆様のご理解とご協力ありがとうございました。

2017年4月28日 2016年11月の社会実験の成果をふまえて「なんば駅周辺道路空間の再編に係る基本計画」をなんば駅前広場空間利用検討会においてとりまとめました。常設化にむけての取り組みに活かします。
※下部のバナーからご覧頂けます。

人中心のなんば駅前の空間イメージ

なんば駅前広場空間利用検討会(地域の諸団体、行政、大阪商工会議所、専門家など、代表者により構成)が検討している広場化の将来イメージ。

なんば駅前に仮設の広場をオープン、実験的に活用します。

なんば駅前」に3日間だけ、カフェや催事スペース、
  観光案内所が登場します。
社会実験の様子はこちらから!!
社会実験の成果報告はこちらから!!
社会実験のチラシはこちらから!
実施プログラムはこちら!
[なんばひろば改造計画]記録動画はこちら
なんば駅周辺道路空間の再編に係る基本計画(なんば駅前広場空間利用検討会 平成29年3月27日)はこちら
PAGE TOP